波戸崎 崇

波戸崎 崇のブログ

シングルマザーのホステスさんへ

私の娘は来月3歳になります。私は多分平均的な旦那さんと比べると、育児している。そう胸を張れるような事はしていません。奥さんがすべてやってくれていつも感謝です。そんな私でも月の半分以上は家族と食事をしています。どうしても奥さんが動けない時はちょっとだけ手伝います。

いないよりはいたほうが良い存在
そう思っています(笑)

私は子供が産まれるまで子育てを完全に舐めていた。
私の家には家政婦さんが来る。これで余裕でしょって思っていた。でもさすがにそんなことあるわけなかった。

夜泣きで寝れなくてイライラ
ずっと泣き続けられ困惑する
自分の育児に自信を持てなくなる
感情的になり自己嫌悪

育児に普段とても前向きな奥さんですらそうなる事もある。

改めて思う。
シングルマザーってめちゃくちゃ大変だ(-_-;)

私は仕事が忙しい。もちろん奥さんも子育てにとても大変。その両方を兼任するのがシングルマザーなのだと思う。
とてもじゃないが私には出来る自信がない。すごくリスペクトする。

精神的にも金銭的にも大変なことだと思う。

私が小学校3年の時、両親が離婚した。私の母親もシングルマザーだ。教師である母親に一人で妹と二人を育ててもらった。十分な教育を受けさせて頂き、大学にも行かせてもらった。しかし母親は自分の人生を楽しむ余裕はあまりなかったのではないかと思う。なぜなら私の幼い頃の母親の記憶は、母親がオシャレを楽しんだり、気分転換に遊ぶ。そんな記憶はほとんどない。きっと必死で必死で育ててくれたんだと思う。今はとても感謝している。

私も子供を持ち、どれほど一人で子供を育てることが大変な事なのかがわかってきた。

きっとバルセロナやこの街はそんなシングルマザーの方の力に少しはなれるのだと思う。だから多いのだと思う。
なぜなら時間がある程度融通が利く。
高収入であり、大きく貯蓄できる。
将来独立したい場合人脈も出来る。

しかし申し訳ないことに終身雇用というわけにはいきませんん。ダラダラ仕事をしているとあっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。
きっとそんなことは皆さんわかっていると思います。

だからこそ、いつか、そのうち、ではなくいつも幸福の未来図を思い描くことを忘れないで欲しい。人生設計をしてほしい。
やりたいことが見つからなくてもせめて貯金を計画的にしてほしい。 

私は幼い頃母親といられる時間が少なくてさみしい思いをしたことがあります。もしかしたらあなたのお子様もいつかそう思うかもしれません。
さみしい思いをさせている現実を無駄にしないよう、一日一日を誰よりも真剣に仕事をしてほしい。
そしていつかお子様が大きくなった時に、育ててくれてありがとうと言ってくれるって信じて仕事をしてほしい。

応援しています。

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------
[ 波戸崎 崇 -Takashi Hatozaki- ]
Facebook
https://www.facebook.com/takashi.hatozaki.7
Twitter
https://twitter.com/TakashiHatozaki
instagram
https://www.instagram.com/t.hatozaki1203/?hl=ja
■BARCELONA
http://www.barcelona.co.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------------