波戸崎 崇

波戸崎 崇のブログ

お疲れ様

10年以上勤めていた幹部が退職した。

人って面白いもので、辞める時が一番本音で話せるんじゃないかって思う。
もう雇用関係はなくなるわけだし。
面と向かって『社長のスピードについていけない』
と言われた。
その日は眠れなかった。
自分の無力さを改めて感じる。
きっと私より優秀な経営者ならこうはならなかったんだろうなって思う。
あの時に暗い顔してた気がするし、私の気の利く一言で変わったのかもなーとか考えた。

今、私はたくさんの事に挑戦をしている。
おそらく今までで一番のスピードで。
上手くいっている事もあるし、思い通りの結末にならない事もある。

新しい事に挑戦するたび誰かが叫ぶ。
[前のほうが良かった]

不安にならないと言ったら嘘だ。

私はよく自信を持って決断していると思われる。

そんなスーパーマンじゃない💦

自信マンマンに決断出来る事なんてほとんどない。
最終決断する役割が私だから、責任を持って私が最も良いと思う決断をする。
独立する時に人生のすべてに責任を持つと決意して独立した。

実は今まで会社のスピードは、何度も早めたり、遅くしたりしてきた。
早くすると、私に遅くしてくれと必ず誰かが言ってくる。
そこでゆっくり物事を進めるようにしてきた。
いつも周りが止まっているように感じて、苦しいと感じる事もあった。
『周りからはきっとそう思われていないだろうが💦

でも何年も経営をやってみて、こんなんじゃ私のやりたい事には、少しも近づかないって思った。自分がお金を稼ぐ為だけに経営をし続けるなんて出来ない。

だから会社のスピードを上げた。

以前、先輩経営者が会社の成長スピードを上げようとし、大きな挑戦をするには大きな痛みが伴うものだと教えてもらった。
なんとなく頭では理解出来ていても、つい心のどこかで自分だけは大丈夫なのでは?と期待してしまうところがある。
願望が真実を曇らせるのだろう。
予想していたはずの事が起こっているのに、現実がなかなか受け入れられない😣

それでも私の周りには私を応援してくれる人がいる。
私に期待してくれる人がいる。
私を理解しようとしてくれる人がいる。
失敗を許してくれる人がいる

だからいつも自分のベストを心がけて頑張る!

 

 

f:id:hatozakitakashi:20180404142120p:plain

 

 

www.instagram.com